いんみ〜の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS E=mc^2の直感的理解

<<   作成日時 : 2013/12/26 18:21   >>

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

物理なんでも帳5

(この記事は物理学について私が思いついたことの覚書です。
検証してないので、真実かどうかは分かりません。)

タイトル:
E=mc^2の直感的理解

内容:
・エネルギーと物質の変換の方程式 E=mc^2 は、
 運動エネルギーの方程式の E=(1/2)mv^2 とよく似ている。
 v(速度)の所をc(光の速度)に変えて2倍すれば同じになる。
・物質は素粒子大の小ブラックホールに閉じ込められて回っている
 光である。同じ所を回っているので、止まって見える。
・エネルギーに変わると、その光が解き放たれて、真っ直ぐ進む
 光となる。光の速度で進む。
・だから、物質が光の速度で進むのと同じ。
 だから、2つの方程式は似てくる。
・運動エネルギーが2分の1になるのは、
 物質がある速度になるとき、徐々にその速度になるので、エネル
 ギーの積が三角形の面積のようになるためだ。
 一方、いきなり光になるときは、いきなり光の速度になるから、
 2分の1しない。
・または、運動エネルギーを与えるとき、与えた側も反作用で動く
 から、与えた側にも、与えられた側にも、エネルギーが必要なの
 で、片方のエネルギーは2分の1になると考えることもできる。

画像


物理なんでも帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
E=mc^2の直感的理解 いんみ〜の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる