いんみ〜の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 光の粒と波の性質を直感で理解する

<<   作成日時 : 2013/12/28 11:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

物理なんでも帳7

(この記事は物理学について私が思いついたことの覚書です。
検証してないので、真実かどうかは分かりません。)

タイトル:
光の粒と波の性質を直感で理解する

内容:
・光は粒と波の性質を持つとされている。
 しかし、光の粒が波うちながら進むわけではない。
・光のエネルギーは連続的な値をとるわけではない。
 最低の値があり、それ以下の値をとれない。
 エネルギーの値は、その最低の値の整数倍の値をとる。
 エネルギーの最低値が粒としての性質の元になっている。
 以下の図では、最低値を1にして示す。
 0.5という値になることはない。
・この光のエネルギーの粒は、空間を常に移動する。
 静止することはない。
・移動はするが、慣性の法則はなりたたない。
 以下の図では、空間の位置を、A〜Kとしている。
 図1〜3で、光の粒がA、B、Cと移動している。
 慣性の法則を当てはめると、次の時間では、100%Dの位置に
 移動する。しかし、実際は、Bに行くか、Dに行くか半々の確率
 である。0.5に分かれることはない。
・たとえば、図4で、Fの位置に光の粒を128個置いたとする。
 Eに行くか、Gに行くかは確率が半々なので、図5では、それぞ
 れ、64個移動する。
・E、Gに移動した粒は、また半々の確率で隣に移動するので、
 図6のようになる。これを繰り返して、図9に至る。
・これらを見るとわかるように、光の粒は波のように広がる。
 これが波としての性質の元になっている。
 いっぱい集まると波として振る舞う。
・粒単位だと、移動方向は不確定的だが、いっぱい集まると、
 一方方向に連続して移動するように見える。
 これが慣性があるように見える元になっている。
画像


物理なんでも帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
光の粒と波の性質を直感で理解する いんみ〜の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる