いんみ〜の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 反物質

<<   作成日時 : 2014/02/08 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

物理なんでも帳20

(この記事は物理学について私が思いついたことの覚書です。
検証してないので、真実かどうかは分かりません。)

タイトル:
反物質

内容:
・反粒子は電荷は逆になるが質量は逆にならない(マイナス質量)

・正粒子と反粒子は対消滅して光(エネルギー)になる。
・逆に光からどんな粒子も作ることができる。
 そのとき、粒子と反粒子が対になって現れる。
 ならば、全ての物質は光が基本となっているのではないか。

・反粒子は時間を逆行するものと考えることもできる。
 たとえば、反物質の放出は、物質の吸収とも考えられる。
・中性子は、崩壊して、陽子と電子と反ニュートリノになるが、
 ニュートリノを吸収して、陽子と電子になるとも言える。
 つまり、中性子がW粒子を放出することによって陽子に変わり、
 ニュートリノがW粒子を吸収することにより、電子に変わる。
・ミュー粒子は、崩壊して、ミュー・ニュートリノと
 電子と反電子ニュートリノになる。
 ミュー粒子がW粒子を放出することによって
 ミュー・ニュートリノに変わり、
 電子ニュートリノがW粒子を吸収することにより、
 電子に変わる。

画像


・この宇宙に粒子と反粒子は同数あると、全て対消滅するので、
 この宇宙は光だけしか存在しなくなってしまう。
・この宇宙に物質が残っているのは、反粒子よりも、
 粒子の方が多かったからである。
・なぜ、粒子の方が多いのか不明だが、粒子に以下のような
 非対称性が見られるので、それが関係しているかもしれない。
  ・物質粒子のスピン(磁石的性質)は右巻き、左巻きの
   2種類あるが、ニュートリノは左巻きしかない。
  ・K中間子は、K-よりも、反粒子であるK+の方が寿命が
   わずかに短い。
  ・K0中間子の粒子と反粒子の比は1:0.996である。

・私見では、物質の生成は次のようなストーリーになる。
  ・この宇宙が始まるとき、光子と素粒子大のブラックホールが
   大量に作られた。
  ・この素粒子大ブラックホールは重力を生むが、
   中に物質があるのではない。
   光子が素粒子大ブラックホールに捕らえられたとき、
   物質になるのである。
  ・物質が生まれる方法には、光から物質と反物質が対生成
   する方法と、光が素粒子大ブラックホールに取り込まれる
   方法の2通りがある。後者の方法の場合、反物質を作らず
   物質が作られる。
  ・物質と反物質のペアでなく、陽子と電子が同数作られる。
    (+)陽子  (−)電子
  ・巨大天体の重力の中で、陽子と電子が圧着すると、
   電子の中のマイナス電荷が陽子に移り、中性子ができる。
   一方、マイナス電荷がなくなった電子はニュートリノになる。
    (+−)中性子  ( )ニュートリノ
  ・このようにスタンダードな4種類の粒子が作られる。

*詳しくは「物質と空間」を参照。

画像




画像


物理なんでも帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
反物質 いんみ〜の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる