いんみ〜の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 真空エネルギーとカシミール効果

<<   作成日時 : 2014/04/19 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

物理なんでも帳30

(この記事は物理学について私が思いついたことの覚書です。
検証してないので、真実かどうかは分かりません。)

タイトル:
真空エネルギーとカシミール効果

内容:

真空エネルギー

ごく短時間なら、エネルギー保存の法則に反して、
真空は、粒子を対生成し、すぐに対消滅させる。
長い時間でみると、エネルギー保存の法則に反していない。
この粒子を生み出すエネルギーを真空エネルギーという。
このように、一瞬の間だけ存在する粒子を仮想粒子という。

カシミール効果

真空中に、二枚の金属版が、互いに非常に近く(10nm)、
平行な間隔で置かれている。
この二枚には電荷も電流もない。
つまり、電磁気力は働いていない。
しかし、この金属版同士が引き合う。

この力は真空のエネルギーによる。
金属版の間は空間が少ない、すなわち真空が少ない。
金属板の間の反対側は空間が多いので真空が多い。
よって、金属版の間より、金属板の間の反対側の方が、
仮想粒子の発生量が多くなる。
仮想粒子は金属板を押す。
金属板の間側から押す力より、
金属板の間の反対側から押す力の方が強くなる。
よって、金属版の間の方向に金属板が移動する。
これが、金属版が引き合う原因である。

画像


物理なんでも帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
真空エネルギーとカシミール効果 いんみ〜の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる