いんみ〜の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 物質、エネルギー、情報、愛

<<   作成日時 : 2017/05/11 11:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

物理なんでも帳49

(この記事は物理学について私が思いついたことの覚書です。
検証してないので、真実かどうかは分かりません。)

タイトル:
物質、エネルギー、情報、愛

内容:
アインシュタインは娘に宛てた手紙の中で「愛」について述べている。

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなか
ったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世
界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。必要に応じて何年でも何十年
でも、私が以下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩す
るまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。
現段階では科学がその正式な説明を発見していないある極めて強力
な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙
で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによっ
てまだ特定されていない。
その宇宙的な力は愛だ。科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、
彼らはこの最も強力なまだ見ぬ力を忘れてしまった。
愛は光だ。それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。
愛は引力だ。なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるように
するからだ。
愛は力だ。なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人
類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。
この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。
これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない
宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れている
からだろう。
愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代
用品を作った。「E = mc^2」の代わりに、私たちは次のことを承認
する。
世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得す
ることができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力
であるという結論に至った。
私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類
が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うの
は性急である。
もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の
意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住す
るすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。
恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと
貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできて
いない。
しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の
発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。
私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、
愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかも
すべてを超越する能力があることを確信しているだろう。
なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。
私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔
やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。
恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお
前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、
お前に告げる必要があるのだ。」

アインシュタインは「愛」を科学的に追求したかったようである。

この宇宙を構成しているものは「物質」だ。

「エネルギー」は、「物質の運動」である。
「エネルギー」もまた、宇宙を構成しているものである。

「エネルギーを消費する」という言い方をするけれど、
エネルギーは形を変えるだけで消えることはない。
使えるエネルギーから、使えないエネルギーに変わることを
消費するといっているのである。
物理学では、秩序があり、形があり、使える状態を「情報」という。
逆に、無秩序で、形が崩れ、使えない状態を「エントロピー」という。
消費されているのは「情報」である。
「情報」もまた、宇宙を構成しているものである。

自然は、エントロピーが増大するようになっている。
なにも手を加えないと、無秩序で、形が崩れていく。
では、それに逆らって、「情報」を作り出すものは何であろうか。
アインシュタインは、それを「愛」と定義したではないだろうか。

宇宙が始まったとき、光だけしかなかった。何も働かないのなら
光の状態のまま続いたであろう。
「愛」が働き、電子や陽子などの素粒子が生まれ、水素原子が
生まれた。
「愛」が働き、水素ガスが集まり、星が生まれ、さまざまな元素が
生まれた。
「愛」が働き、元素から生命が生まれ、知性のある人間が生まれた。
「愛」が働き、人間は社会を生み、文化、文明を生んだ。
この発展を見ると、なんらかの意思が働いているかのようである。
次々と秩序と形、つまり「情報」が作りだされている。
「愛」は「情報」を生み出す。

情報が作り出される場所にダークマターが見つかる。
愛は「ダークマター」「生命」「知性」と呼ばれるものかも知れない。
「愛」もまた、宇宙を構成しているものである。

利己的遺伝子説では、生物は遺伝子の単なる入れ物に過ぎないと
いうことが提唱さた。この説を発展させると、この遺伝子も実は
「情報」の入れ物に過ぎない。生物とは、その本質は「情報」であ
り、「情報」はエントロピーの法則に逆らって、自らを維持し、
発展させ、増殖させる。
人間は言葉を話し、文字として書き残すことができるので、今まで、
遺伝子の中だけにとどまっていた「情報」が、遺伝子の外に飛び出た。
つまり、人間においては、2つの情報系が存在する。
一つは、従来の人の体という入れ物にあって、遺伝子という形式で存
在する情報で、もう一つは、人間の社会という入れ物にあって、
言語という形式で存在する情報である。この二つともエントロピー
に逆らって、自らを維持し、発展させ、増殖させる。
言語により、情報は遺伝子の外に出て、遺伝子よりも急速な増大、
進歩が可能になった。単純に比較すると、人間の遺伝子は30億文
字分の情報を持ち、百科事典にすると、3000冊の情報である。
これが、何億年もかけて、作られた。しかし、言語で記録された
書籍は、世界にその何百倍の量が存在し、これらが、わずか数千年
で作られた。これはコンピュータと通信ネットワークによって、
更に加速的に増大いく。
人間の活動は、この2つの情報が自らを維持し、発展させ、増殖さ
せるためのものである。そういう点でみると、人間が作り出すもの
はすべて「情報」だということができる。つまり、形無い物に、形
を与える作業である。

高度に発展した「情報」は「愛」そのものになる。
この「愛」 は、新たな別の「宇宙」を生み出すであろうし、
この「宇宙」は、かつて別の「愛」 が生み出したのであろう。



物理なんでも帳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
物質、エネルギー、情報、愛 いんみ〜の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる