萌え2

「萌え」のページで紹介したイタリアのヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展が、
2004年9月12日から11月7日にかけて開催された。

http://www010.upp.so-net.ne.jp/architurismo/rapporti_da_Milano/17biennale.htm

日本館は「おたく:人格=空間=都市」というテーマで出展された。

http://www.jpf.go.jp/venezia-biennale/otaku/j/

日本館の主催が「独立行政法人 国際交流基金」だそうで、
こんな政府系のお堅い機関がオタクを扱うなんて時代は変わったなと思う。

ことしの流行語大賞では、トップテンにははいらなかったが、
「秋葉系」「萌え」「メイド・コスプレ」「電車男」などのオタク系の言葉がノミネートされ、
今年はオタク元年とも言える年である。

前回紹介した通り、「わび」「さび」に並ぶ日本の美意識「もえ」が紹介されていて、
大爆笑してしまった。

http://www.jpf.go.jp/venezia-biennale/otaku/j/aethetics.html

コミック、アニメ、コンピュータゲーム、アイドル、パソコンなどのオタク市場は
約3000億円規模だそうだ。

http://www.nri.co.jp/news/2004/040824.html

特にこれらの分野は他国の追随を許さない状況である。
昨日のブロードキャスターという番組では、ゴジラがアメリカで
多くのファンを得ていることが紹介されていた。
また、藤子アニメ、宮崎アニメなどの日本のアニメも全世界で放映され、
幅広いファンを得ている。韓国ではドラえもんを自国の作品だと
思っている人が結構多いと聞く。

森永卓郎という経済アナリストもこれからはオタクの時代だといっている。

http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/

日本の経済構造は今、大きく変わり始めている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック