ハートで感じる英文法 会話編 第1回

to 不定詞について

前回のシリーズのキーワードは「基本イメージ」だったが、
今回のシリーズのキーワードは「呼吸」だ。

to 不定詞の呼吸は「足りない」「埋める」だ。

a) He must be brave to be a fire fighter.
  彼が消防士だとは、勇気があるに違いがない。
b) He trained hard to be a fire fighter.
  彼が消防士になるために、激しく訓練した。
c) He is proud to be a fire fighter.
  彼が消防士であることに誇りを感じている。
d) He grew up to be a fire fighter.
  彼は成長して、消防士になった。

上の4つの文は、一見、to 不定詞に別々の意味があるように思える。
従来の文法書でも a は判断の根拠 b は目的 c は感情の原因
d は結果を示すと教えている。
しかし、to 不定詞は、これだけの意味を持っているのではなく、
ただ足りないところを埋めているだけ。

a では、「彼が勇気があるに違いがない」だけでは、
「なぜ勇気があるのか」という足りない感じがある。
それを to 不定詞が「消防士だから」と埋めているだけ。
b では、「何のためにトレーニングしてるのか」という
足りない気持から「消防士になるために」、
c では、「どういうことで誇りに思っているのか」という
足りない気持から「消防士なので」、
d では、「成長してどうなったのか」という
足りない気持から「消防士になった」になる。

多くの用法を覚えるということはもう不用。
ただ、なにが足りないかを感じることが大切。
それによって、それぞれの文でのto 不定詞が埋めている意味が
おのずとわかってくる。

会話はスピードが大切、いちいち用法を思い出しているひまは無い。
「呼吸」で文法を理解しないと追いつかない。

実は今回の話は、私もうすうす感付いていた。
to 不定詞は「~なので」とか、分詞構文は「~しながら」とか
説明されているが、使っている現地の人はそんなこと意識せずに
ただ、2つの状況をならべているだけなのではないかと。
私が感じていて上手く説明できずにいたことを
はっきり言葉にしてもらえて嬉しかった。

たとえば、日本語でも、「走って逃げた」「映画を見て泣いた」というとき、
この言葉を使っている側はただ状況を並べているだけだ。
しかし、意識してみると、「走って」は「逃げた」の手段を表しているし、
「見て」は「泣いた」の原因を表している。
だからといって、この「て」には「手段」の用法や「原因」の用法があると、
意識して使っているわけではない。

英語のネイティブ・スピーカーも不定詞やthat節、分詞構文には、
用法を意識せず、ただ状況を並べて使っているだけなのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHKハートで感じる英会話

    Excerpt: 教育テレビの番組『ハートで感じる英文法』の続編が昨日始まった。 進行は東洋女子短期大学教授の大西康斗さんという先生なんだけど「こんな人が先生で良いのか?」と思うほど変で危なそうなキャラの人。 でも説.. Weblog: ★挑戦!日本脱出★カリフォルニア移住とクイブチ確保作戦 racked: 2006-01-06 14:47
  • 「ハートで感じる英文法」関連記事

    Excerpt: 「ハートで感じる英文法」関連記事 昨日、「ハートで感じる英文法 会話編」 の記事を書きましたが 他のサイトでも取り上げられていました。 私の記事より informative で.. Weblog: TOEIC Blitz Blog racked: 2006-01-06 23:26
  • NHK 3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 会話編

    Excerpt: 今月からの「NHK 3ヶ月トピック英会話」は 「ハートで感じる英文法 会話編」 ... Weblog: Reflechir Blog racked: 2006-01-13 21:22