「涼宮ハルヒの憂鬱」を見て思ったこと

最近、「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメを見た。ずいぶん前から
評判になっていたが、私は流行に疎いので、今ごろ見ている。
とても面白かった。さすが、今年一番人気のアニメと言われること
はあった。あまりにも面白かったので、原作の小説まで全巻買って
読んでしまった。

主人公の高校生の男子「キョン」(本名不明)が涼宮ハルヒと知り
合い、とんでもないことに巻きこまれていくという学園・SF・
コメディーである。涼宮ハルヒは周囲の環境を自分の望むように変
えることができる特殊な能力を持っているが、本人はそれに気づい
ていない。極端な話し、宇宙全体を創造する能力を持っている。
だから、彼女がこの世界に幻滅していまうと、世界が新たに作りか
えられるかも知れないので、まわりは気を使う。キョンは彼女に選
ばれた「鍵」と言われていて、彼女の能力はキョンによってコント
ロールされている。

簡単なあらすじは以上である。詳しいことは、別の人が書いたサイ
トを見ればわかると思うので、内容についてはこれ以上は書かない。

人が神のように宇宙を創造する力を秘めているということは、末日
聖徒イエス・キリスト教会の教えにあるので、気になった。また、
キョンの地下活動するときの偽名がジョン・スミスという。この作
品の作者は末日聖徒イエス・キリスト教会と関係があるのだろうか?
と思った。

教会では、すべての人類は神の子供であり、子供がやがて大人とな
るように、神のようになることができると教えている。つまり、す
べての人類は涼宮ハルヒのような能力を秘めている。しかし、その
能力を使うには「鍵」が必要である。つまり、キョンのような役割
が必要になる。教会では、その「鍵」は「永遠の結婚」の中で最終
的に得られると教えている。アニメでは、涼宮ハルヒとキョンの2
人の関係によって、ハルヒの創造能力が発動されている。

教会の指導者が、この力と鍵の関係について、とても興味深いたと
え話をしているので、以下に引用したい。


 昔ある人が、遺産として鍵をふたつ受け取りました。最初の鍵はどんな犠
牲を払ってでも守らなければならない倉の鍵であると指示を受けました。2
番目の鍵はその倉の中の箱の鍵で、その箱には宝が入っていました。彼は宝
の箱を開けて中の宝を自由に使ってよいと言われました。また多くの者が鍵
を盗もうとしているから気をつけるようにとも忠告されました。彼は、賢く
使えばその宝は殖えて、永遠にわたって決してなくならないという約束を受
けました。つまり彼は試されるわけです。またほかの人のためにその宝を使
えば、自分の祝福と喜びは増し加えられるとのことでした。
 その男はひとりで倉に行きました。初めの鍵で扉を開けました。そして2
番目の鍵で宝の箱を開けようとしましたがだめでした。宝の箱には錠がふた
つかかっていたからです。彼の鍵だけでは役に立ちませんでした。どんなに
頑張っても、開きません。彼にはわかりませんでした。確かに鍵をもらいま
した。宝は自分のものだとも言われました。指示にも従いました。でも箱は
開きません。
 すると、ひとりの女性が倉に入って来ました。彼女も鍵を持っていました。
彼の鍵とはひと目見て違うことがわかりました。それは、もうひとつの鍵穴
にぴったり合いました。男は謙遜になりました。彼女なくして宝が手に入ら
ないことがわかったからです。
 ふたりは、一緒になって宝の箱を開けることを誓いました。そして指示ど
おり、男は倉を守り、女は宝を守りました。女は倉の番人である男がふたつ
の鍵を持っていることを気にかけませんでした。なぜなら、ふたりにとって
最も大切なものを守っている自分を保護してくれることが、男の役目だと理
解していたからです。ふたりは一緒に宝の箱を開け、宝を手にしました。そ
して約束どおりに殖えていく宝に、ともに喜びました。
 彼らは、子供たちがその宝を受け継げることを知って大いに喜びました。
子供たち一人一人が、末代に至るまでそのままの形で宝を受け継げるのです。
たぶん子供たちの中には鍵を持った伴侶を見つけられなかった者や、 宝に
ついての誓約を喜んで守ろうとしない、ふさわしくない者も出てくるでしょ
う。しかし、戒めを守れば小さな祝福でさえ拒まれることはないのです。
 宝を乱用するように誘惑する者がいましたから、彼らは子供たちに鍵と誓
約についてよく教えました。時がたち、子孫の中に一方がふたつの鍵を与え
られ片方がひとつしか与えられていないために欺かれ、やきもちを焼き、利
己心をあらわにする者が出てきました。「宝は自分で好きなように使えるべ
きではないのか。」利己的な者はそう考えました。
 中には自分に与えられた鍵を相手の鍵に似せて作り変える者が出てきまし
た。そうすれぼ両方の鍵穴に合うと考えたのでしょう。宝の箱は開きません
でした。彼らの鍵は使いものにならず、宝は失われました。
それに、反して、感謝をもって宝を受け、律法を守った者たちはこの世から
永遠にわたって限りない喜びを得たのです。

(「聖徒の道」1994年1月号 ボイド・K・パッカー長老の説教より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック