女偏の漢字 男偏の漢字

女偏の漢字は多いのに、男偏の漢字はほとんどない。なぜなのか。

常用漢字に限れば、女を含む漢字には次のものがある。

  婚妥姉婿媒要妃桜接好妻奴努怒如嫁婆嫌委妹姓威婦娠妄嫡妨姻
  安妊嬢娯妖妙娘姿姫始

しかし、男を含む漢字は一つもない。
常用漢字外に広げると次のものが見られる。

  甥(おい)
  舅(しゅうと)
  娚(ぺちゃくちゃしゃべる、めおと)
  嬲(なぶる)
  嫐(たわむれる、なやむ)

男を表す漢字の部品は、「男」より「士」がよく使われる。
常用漢字では、次のものがある。

  仕壮荘装

それでも、女を含む漢字の方が多い。

まず、「女」の使い方によって分類してみよう。

・女性そのものを表すもの

  姉(あね)  ←→  兄(あに)
  妹(いもうと)  ←→  弟(おとうと)
  嫁(よめ)  ←→  婿(むこ)
  妻(つま)  ←→  夫(おっと)
  婦(女性)  ←→  夫(男性)
  婆(ばあ)  ←→  爺(じい)
  嬢(むすめ)  ←→  息子(むすこ)
  娘(むすめ)  ←→  息子(むすこ)
  妃(きさき)  ←→  王
  姫(ひめ)  ←→  彦(ひこ)

  女性に対する男性をあらわす方の漢字には、一貫性がない。
  婿にいたっては、男なのに女偏である。
  下に、掲げるとおり、「婿」は婚姻によって生じる関係なので、
  女偏になるのだろう。

・婚姻関係を表すもの

  婚(結婚)
  姻(結婚)
  姓(名字)
  嫡(よつぎ)
  婿(むこ)
  妊(妊娠)
  娠(妊娠)

  婚姻関係は男女の事柄であるが、
  「女」を代表させて使用しているようである。

・字源をさかのぼると女と関係あるもの

  媒:男女の結婚の仲人→なかだち
  要:女の腰→かなめ
  奴:女の奴隷→奴隷
  努:女の奴隷が強く力を入れる→つとめる
  怒:女の奴隷が強く心を緊張させる→いかる
  安:女を家の中に落ち着かせたさま→やすらか
  妥:いきり立つ女を落ち着かせる→ほどよい所に落ち着く
  娯:女が笑う姿→たのしむ
  嫌:女が気兼ねして実行をしぶる→いやがる
  接:交接する→接する
  始:胎児をはらむ→物事のはじめ
  好:女が子どもをかわいがる→このむ
  妙:女の小がらで細く美しい姿→たえ
  姿:女が身づくろいして顔や身なりを整える→すがた
  桜:女の首飾りのように花が咲く木
  如:女のようにしなやかに言う
  威:か弱い女を武器でおどす
  委:女が力なく垂れる→ゆだねる
  妖:女が身をくねらせ人を迷わす→あやしい
  妄:女に惑わされ目がくらみ無茶をする
  妨:誘惑する女に近づかせまいとする→さまたげる

  女性の持つ多様な性質(感情豊か、子を生み育てる、美しい、
  しなやか、魅力的など)が多くの漢字を生んでいる。

結論としては、漢字を作った人々は、おそらく男だったので、
女の持つ多彩な性質に惹かれ、「女」の漢字が多く作った
のだろう。

白川静氏の学説では、宗教行事に女性が携わっていたことが
述べられている。たとえば、つぎのような説明がされている。

  安:女性が先祖をまつる部屋をお参りする姿→やすらか
  婦:先祖をまつる部屋をほうきで清める女性
  娯:神の前で女性が舞う→たのしませる

古代から女性は神に通じていると思われていた。(シャーマン)
これも、女の漢字を多くした原因だと思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 82

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ヘビ大好き男
2014年01月25日 14:08
「勇」←常用漢字です。
いんみ~
2014年02月04日 18:46
「勇」はマ + 男でなく、甬 + 力 から成り立っています。
ppp
2014年03月11日 01:09
男偏はないぞwww
いんみ~
2014年05月27日 09:05
男偏という言葉はないのですが、
男を含むという意味で使っています。

この記事へのトラックバック